足のむくみ解消サプリランキングを発表

助産婦がまとめた妊娠中のむくみの原因と対策

妊婦の30パーセントは、むくみが出ると言います。
赤ちゃんに影響はないかと、不安に思われる妊婦さんもおおく
妊娠中のむくみの原因とはなんでしょうか。

img491_Y398766526

・妊娠中のむくみの原因

妊娠中期にはいると、むくみが出てくる場合があります。
12週目あたりになると、体内の血液量が、40~50パーセントも増えます。
これは、胎児に必要な栄養を送るために、血液がサラサラ状態になるためで
血液がサラサラになることで、血液は、血管をスムーズにながれ血栓を防ぎます。
また、胎盤の状態もよくなります。
この増加した成分は、血漿という、水分で、水分が多いとむくみやすくなります。

妊娠後期になると、おなかが大きくなると、脚の付け根の太い血管が
圧迫されてむくむ場合もあります。

・妊娠中のむくみに対する対策

妊娠中はホルモンの関係で精神的に不安定な時期ですのであまり気にし過ぎないことが、大切ですが
無理な食事制限などは行わず、胎児の栄養の事を第一に考えます。
塩分の摂取を控え、加工食品などは塩分が多く含まれていますので控えるようにします。
むくみのある人は、水分補給を怠る場合がありますが、水分補給は重要です。
冷たい飲み物を飲むよりも、体温に近い、リラックス効果のあるハーブティーや
カフェインの含まれていない、お茶などを飲むようにします。

夜寝るときに、足枕をして、脚を高くして寝るようにします。

おなかが大きいと、歩くのも大変ですが、歩くことで血流も良くなりますので無理をしない程度に歩くことも大切です。
同じ姿勢を長時間つづけていると、それだけでも、むくんでしまいます。
普段から、運動をしている人は妊娠中もあまりむくみのトラブルがないようです。

冷えもむくみにつながりますので、特に足の冷えには気を付けるようにします。
イライラやストレスも良くありませんのでむくみの改善と、冷えを取るのを兼ねて、足浴もおすすめです。

高齢出産の場合は、どうしても、むくみが起こりがちですので、気を付けるようにします。

一晩寝て、むくみが収まるようならば心配はありませんが
急激に体重が増えた場合など、主治医に相談されることをお勧めします。

 

 


Copyright(C) 2013 むくみサプリメント All Rights Reserved